読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴 治療記録

20代OLの突発性難聴治療記録

発症13日目 聴力検査、同じ病気の方々

f:id:NEROLIOIL:20170307205938j:plain発症13日目。


 プレドニンの服用が明日で終わります。

早く治っておくれ、パンパンの顔よ。


入院している間は月曜と木曜のみが聴力検査の日となります。

回復している実感があまりなく、聴力検査を受けたいような受けたくないような複雑な気分。


聴力検査の間も耳鳴りが続いているため、検査による音なのか耳鳴りなのかイマイチ区別がつかないときがありました。

「キーーン」という耳鳴りだけでなく、「キキッキキッ」「ジジジー」「ジュッ」のような耳鳴りもあるので尚更です。

また、検査の音は鳴っていないのに聞こえるような気がしたり。


耳鳴りのせいか「バラツキがある」とのコメント付きでしたが、少し回復していました。

やはり高音域は弱ったままですが、3000Hzの音が前回よりだいぶよくなっています。

病院内は静かですし日常生活であまり4000Hzを超えるような高音がないので、実感しづらいみたいです。


この聴力検査の結果によると中音域はほぼ回復しているはずですが、実際に聞こえてくる音がまだなんとなくクリアではない気がします。


でも、少しでも回復していて本当によかった。まだ聴力が動いている証拠です。

励みになります。



また、突発性難聴の治療で有名な病気だからか、同じ病気を患い入院なさっている方が多くいます。

みんな同じ治療をするので顔をあわせることが多く、お話させていただくようになりました。


痛みや不自由さを共感できたり、治療や生活に関する情報交換ができたりと、非常にありがたいです。

40代以上の方が多いからか「若いんだから余計治したいよね」とみなさん声をかけてくださいます。(私そんなに若くないですけどね)

ご自分も悩んでらっしゃるのに、なんてお優しい、、、、

10年前に右耳をやって、今度は左耳もなってしまった、なんて方もいらっしゃいます。


どうか、みなさん良くなりますように...!!